プロペシア 育毛剤

プロペシアと市販の育毛剤の発毛効果の違いは?| プロペシア超入門

AGA診療ガイドラインでもプロペシアと市販育毛剤では評価が大きく異なる

専門機関はプロペシアや育毛剤をどう評価してる?

幾度となく市販の育毛剤の効果にがッかりとさせられ続けてきた方にとって、噂のプロベシアの発毛効果が市販の育毛剤とどのように違うのか?という点が気になるところですね。

プロペシア(フィナステリド)は国内外で多くの臨床試験(ランダム化比較試験)が行われ、その有効性が科学的にも証明されていますがここでは、2010年に日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン」に基づき、フィナステリドやその他育毛剤の推奨度評価を比較してみました。

ちなみに、医薬品はプロペシアのように医師の処方箋が必要な医療用医薬品と薬局等で購入できる一般医薬品があり、育毛剤といわれる一般医薬品は数が少ないのが現状で、市販の育毛剤の多くは医薬部外品の外用剤です。

日本皮膚科学会が発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン」

ガイドラインでは推奨度A「行うように強く勧められる」はフィナステリド内服とミノキシジル外用となっています。

そして、推奨度B「行うように勧められる」は自毛植毛で、その下のランクの推奨度C1「行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない」には 医薬部外品や一般用医薬品に使われている成分もいくつかありました。

推奨度C1の成分は「塩化カルプロニウム」「t-フラバノン」「アデノシン」「サイトプリン」「ペンタデカン」といった成分です。

塩化カルプロニウム配合の育毛剤は第一三共ヘルスケアの第2種医薬品「カロヤンS」 や第3類医薬品「NFカロヤンアポジカΣ」「カロヤン・プログレシリーズ」などです。

カロヤンは主成分である塩化カルプロニウムが1%配合と2%配合のものがあり、どれも生薬や殺菌作用のあるヒノキオールが添加されています。

血行促進作用のあるカルプロニウム塩化物で毛根に栄養や酸素を運び、毛母細胞を活性化させる血行促進&毛母細胞活性タイプの薬といえるでしょう。

t-フラバノン配合の育毛剤は花王の「サクセス バイタルチャージ」「セグレタ 育毛エッセンス」 (ともに医薬部外品)などです。

t-フラバノンは毛母細胞の分裂を妨げるTGF-βというタンパク質の活性を抑制することで、ヘアサイクルを改善するとされていますので、毛母細胞活性タイプの薬といえるでしょう。

アデノシン配合の育毛剤は資生堂の「薬用アデノゲン」や「アデノバイタル」(ともに医薬部外品)等です。

アデノシンはミノキシジルが毛乳頭細胞に働きかけて分泌されるシグナル伝達にかかわる成分で、FGF-7(KGF)やVEGF等の発毛促進因子を促し、発毛を促進します。

従って、ミノキシジル同様、毛母細胞活性タイプの薬といえるでしょう。

サイトプリン(6−ベンジルアミノプリン)やペンタデカンが配合されている育毛剤はライオンの「薬用毛髪力INNOVATE」(医薬部外品)です。

サイトプリンは毛乳頭から発信される発毛促進シグナルとなるタンパク質(エフリン・BMP)生成を促して毛母細胞を活性化させ、ペンタデカンは髪の元になるタンパク質(ケラチン)の合成に必要なエネルギーを供給するといわれています。

こちらも毛母細胞活性タイプの薬といえるでしょう。

ガイドラインに記載はありませんが、他にも生姜から作られるショウキョウチンキ、センブリエキスなどが配合された血行促進タイプの育毛剤としてバスクリンのモウガ(医薬部外品)なども有名ですね。

また、フィナステリド(プロペシア)と同様に男性ホルモン抑制タイプの育毛剤としては、エストラジオール(女性ホルモン)やトウガラシチンキ、ヒノキチオール等が配合された田村治照堂のハツモールヘアグロアS(第2種医薬品)等もあります。

このように、市販の育毛剤は血行促進・毛母細胞活性・男性ホルモン抑制・皮脂の抑制など、様々なタイプがありますが、医薬部外品に使われている成分の多くは、皮膚科学会に論文が発表されていないため、試験データ等の充分な根拠がないとして評価されていません。

しかし、ガイドラインでは評価されていても、薄毛の原因や症状は人それぞれですので、自分に合った薬を選ばないと効果的に作用しないということもあり、必ずしもガイドラインが絶対とはいえない場合もあるでしょう。

薬の効果を実感するためには、薄毛の原因や症状に合ったものを使用することも大切なポイントとなります。

いずれにしろ、市販の育毛剤の中にはプロペシア以上の評価を受けているものがないのが現状です。

なんといっても日本での試験では軽度改善以上58%、不変(現状維持が40%)という結果がでており、不変の人にも脱毛抑制作用が働いたことを考慮すると有効率は何と98%ということになります。これほどの効果がある育毛剤と出会った人はいないのでは?

ガイドラインが絶対とはいえませんが、まずは強く推奨されるものから試してみてはいかがでしょうか。

尚、あなたが育毛剤の効果に失望し、自己流の薄毛治療に限界を感じているなら、とても役立つサイトがありますので参考にして下さい。