プロペシア 個人輸入

プロペシアを個人輸入する場合の注意点 | プロペシア超入門

プロペシアの購入方法は2通りある

プロペシアを日本で購入するには医者の処方箋が必要ですが(保険適用外)、海外からの個人輸入でも購入できます。

個人輸入といっても、自分で直接メーカーと取引するのではなく、個人輸入代行業者の通販サイトから購入できる仕組みです。

プロペシアやジェネリックの取扱いもあり、価格は国内で処方されるプロペシアより安価な為、利用している人が大勢いるのが実情です。

AGA治療専門病院や一般病院でのプロペシアの価格は、1ヶ月あたり大体6000円〜10000円以上かかりますが、個人輸入なら半額前後、ジェネリックなら更に安く買うことができます。

AGA治療は半年以上継続しますのでコストパフォーマンスの面から考えると当然のことでしょう。 とはいえ、個人輸入を利用する場合、万が一副作用等が出ても自己責任となります。リスクを理解した上で買うことが必要です。

<老舗の個人輸入代行業者>

プロペシアを取り扱っている個人輸入代行業者の中では

  • アイドラッグストア
  • オオサカ堂

が有名です。どちらも18周年を迎える老舗輸入代行業者でレビュー投稿数も多く、利用者が多いのが伺えます。

管理人は病院で薄毛を解消後、現在では現状維持のためにアイドラッグストアでプロペシアのジェネリックを、オオサカ堂でまつ毛美容液とビタミン類のサプリを家族が購入していますが特にトラブルもなく、スムーズに取引が続いています。

もし購入を検討する場合、自分の目で確認し、納得してからの利用を強くオススメします。

個人輸入の利用で注意すること

個人輸入で購入できるプロペシアやジェネリック医薬品の中にはニセモノ(フィナステリドが配合されていない)もあるようですが、判断しようがありません。

更に日本で未承認の成分が含まれている可能性もあります。

また、別の疾患で服薬している場合、その薬との飲み合わせが自分では判断できないのも不安です。

そして、そんな危険性以外にに管理人がのデメリットだと思うのは、

  • AGAでない人が服用し続ける

  • 薬の効果測定ができない

といった点です。

「プロペシアという薬で毛が生えてくるらしい」という噂を聞きつけ、更にそのプロペシアが格安で入手できる個人輸入代行業者を見つけ、期待に胸を膨らませて購入しても、あなたがAGAでなければ、全てが意味の無いものになってしまうのです。

つまり、プロペシアやプロペシアのジェネリック等のフィナステリド製剤を服用しても薄毛は改善しないということになります。

薄毛の原因はAGAだけではありません。自分ではAGAだと思っていても、実は自分の薄毛の原因が別のところにあるかもしれないのです。

この男性型脱毛症の判定は、病院で検査や診察を受けなければ分かりません。

そしてもうひとつの薬の効果測定ができないデメリットも見逃せません。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドの効果の現れ方は人それぞれで、必ずしもあなたの頭髪にとって有効な成分であるとは限りません。

発毛・育毛に特化した治療を行うAGA専門外来では、AGA遺伝子検査で男性ホルモンの感受性に関わる遺伝子を調べることで、 フィナステリドの効果やAGAの発症リスクを判定することができます。

また、経験豊富な頭髪専門医が脱毛症の改善の度合いを診ながら、フィナステリドの効果を判断します。

そして、フィナステリドが有効に働いていないと判断した場合は、ミノキシジル内服外用治療や成長因子(グロースファクター)注入治療といった、治療法も用意されているのです。

素人が効果判定もできず、効くのか効かないのか分からないままプロペシアを服用するのと専門医が薬の効果や副作用を診ながら有効成分の配合量や配合率等の処方レベルを調節して治療を進めていくのでは、発毛効果も安全性も大きな差が出るのは、当然なのではないでしょうか。

いずれにしろ、一番大切なのは薄くなった毛を取り戻すことです。

プロペシアが高くても安くても、発毛しなければお金を無駄にするだけです。

初めてプロペシアを服用する方の場合は、以上のようなデメリットを考慮すると発毛専門病院を受診し、専門医に処方してもらっ方がいいでしょう。

そしてもし、あなたがAGAでなかった場合、人気クリニックの医師はAGAでもない方に無意味な治療は行わないのでその点は心配無用です。

おそらく「あなたは男性型脱毛症ではないので治療の必要はありません」と言われるはずです。発毛効果のない治療は評判を落とすことにつながるのですから。

個人輸入の危険性やデメリットも考え、入手方法を慎重に検討して下さい。